茨城県議会議員 細谷典幸 県政活動報告 Noriyuki Hosoya website

新着情報
過去の情報

I LOVE いなしき

江戸崎かぼちゃ G1保護制度登録!!全国7品目の1品に選定。

edo-kabo-2

2015/12/23

農林水産省は12月22日、地域の農産品の品質などに国がお墨付きを与える地理的表示(GI)保護制度の登録第1弾を発表しました。
わが稲敷の江戸崎かぼちゃをはじめ神戸ビーフや夕張メロンなど7品目を認定しました。
ブランド価値を向上させて輸出拡大を促し、地域活性化につなげたい考えだ。

農水省は6月に受け付けを開始。50以上の特産品が生産者団体などから申請され、一般からの意見募集や専門家の意見を踏まえて審査を進めてきましたた。

登録されたのは、
江戸崎かぼちゃ(茨城県稲敷)
あおもりカシス▽但馬(たじま)牛
神戸ビーフ
夕張メロン
八女(やめ)伝統本玉露
鹿児島の壺(つぼ)造り黒酢

地域に根ざしつつ品質維持の努力が続けられていることが評価されました。
うれしいことです。
これからもどんどん江戸崎かぼちゃを知ってもらい、食べてもらいたいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000008-mai-bus_all

稲敷地域の県道整備、推進に尽力。

9月25日取手2

2015/10/27

稲敷地域の県道整備の推進にも努めてまいります。

圏央道も開通した現在、主幹線道路に対する、県道、市町道などを利用しやすく整備促進して行くことが必要です。
さらに、今までにもまして、交通量が増えてくる訳ですから、児童生徒の通学路の安全確保などを最優先に努めていかなくてはなりません。
写真は河内町の雑賀町長9月25日に議長室に来られ県道整備事業についてのお話をうかがったときのもの。
主要地方道である取手東線については,幅員狭小により危険であり児童の通学に支障をきたしているため,バイパスの早期整備について河内町長より要望を受けた際のものです。
地元の県道等の整備推進にさらに努めて参ります。

9月25日取手1

龍ケ崎市法人会 講演会と賀詞交換会

th_image(8)

2015/01/30

龍ケ崎市法人会の講演会と賀詞交換会に1月26日に出席いたしました。

圏央道の開通など、龍ケ崎市法人会地域は、まさに、「今、力を発揮する時、これからの未来を作る時」と思います。
地域経済がまだまだ冷え込んでおりますが、本年を起爆の年にしようと 互いに話しあいました。

長豊橋右折レーン設置

地域の安全、生活基盤の充実をはかってまいりたいと思います。みなさまも、こんなところが問題だ!こまっている!ということがありましたら、どうぞお伝えください。 (さらに…)

浮島のレンコンも県の指定銘柄へ

 稲敷地域には、江戸崎カボチャや米など、すばらしい農産物が多くあります。本年、浮島地区のレンコンも県の指定銘柄とすることができました。金江津レンコン、浮島レンコンなど、稲敷地域のすぐれた農産物をさらにPRし、販売力を強化させてまいります。 (さらに…)

これからの稲敷地域へ

これからの稲敷地域に関する政策課題をまとめました。

稲敷の農業・産業の発展

圏央道周辺インフラ整備、江戸崎工業団地開発

地理的優位性を用いた、企業誘致の推進

農産物のブランド化の推進、PR

地理的優位性を利用した農産物の販路拡大

耕作放棄地の再生と土地活用の支援

加工製造などムダのない農産物の活用推進

着地型観光推進(アグリツーリズム、湖沼河川等地域環境利用)

首都圏生活者に対応するニューレジャー基地としての活用

稲敷でいきいきと暮らす

幹線道路、生活道路の整備、安全対策

湖沼河川の環境浄化と外来種の駆除

地域特性にあわせた子育て支援策の推進

高齢者医療・介護制度の充実、介護者の負担軽減

文化やスポーツを通じた健全な青少年の育成

通学対策(安全・防犯策の推進、通学バス等の充実)

県と地域が連携した社会教育等の充実推進(出前教室、サイエンス教室等)

警察力を強化して、安心な街づくり

文化財、地域遺産等の改修、保護と観光との連動

地域の文化財を修復、地域のたからをつたえる!

●大日苑の文化財指定

江戸崎の大日苑は昭和初期の代表的建造物として、平成19年に国登録有形指定文化財に登録されました。 (さらに…)

霞ヶ浦の魅力を広く伝えたい

稲敷地域の湖沼、河川。すばらしいものです。

(さらに…)

川は稲敷地域の魅力ある資源です

雨の日でしたが、利根川を歩いてみました。

稲敷地域の川、湖。霞ヶ浦、利根川、新利根川、小野川など豊かな水環境があります。

(さらに…)

川・湖の環境保全整備を早急に

水環境の保護は何より必要です。

外来種の駆除は私が従来より取り組んでいることです。

新利根川のミズヒマワリの駆除も、県の政策として2009年から本格的に作業を開始しました。

(さらに…)

次のページ »