茨城県議会議員 細谷典幸 県政活動報告 Noriyuki Hosoya website

新着情報
過去の情報

県政報告

当選いたしました。

hosoya_DSC1875

2014/12/15

このたびの茨城県議会議員選挙は、22、084票をいただき、晴れて当選させていただきました。
ひとえにみなさまのおかげと存じます。
心よりお礼申し上げます。

これからも、いなしきのために、茨城のために、一生懸命に働いてまいります。
どうぞよろしくお願いします。

このたびは ありがとうございました。

出陣式 12月5日 午前10時

11

2014/12/03

細谷会館前において 12月5日 午前十時から 出陣式を行います。
細谷のりゆきの「思い・決意」をお伝えしたく存じます。

ぜひご参集いただけますようお願い申し上げます。

高齢者優待のカード開始!

ef6a10b2-2

高齢者のみなさまが、安心で暮らしやすい県づくりが大切です。
細谷のりゆきは、医療・福祉が、県のどこでも、県民だれもが、等しく格差のないサービスや支援、助成が受けれるように努めます。

さて、2014年12月1日から、「いばらき高齢者優待制度(いばらきシニアカード)」が始まります。
「いばらき高齢者優待制度(いばらきシニアカード)」は、県内の65歳以上の高齢者が、協賛店舗において優待カードを提示すると、割引やポイント加算等の優遇の特典が受けられる制度です。

カードのデザインは、茨城県のメインキャラクターである「ハッスル黄門」です。

対象者:65歳以上の高齢者
配布方法:
一人暮らしの高齢者には市職員、包括支援センター担当者が訪問
希望者は、配布場所窓口で本人確認(免許証、保険証等)などを提示してください。
本人以外は、対象者の氏名・住所・生年月日が確認できるものを提示してください。

12月5日 10時「出陣式」

hosoya_DSC1875

2014/11/30

茨城県議会議員 細谷のりゆきです。

12月5日(金)午前10時から
細谷会館広場にて 出陣式を行います。

ぜひ、ご参集いただけますようお願い申し上げます。

細谷のりゆき は経験、実績を礎に、いなしき地域の「潜在力」を活用して、しっかりと県政を推進してまいります。

茨城県議会議員選挙自民党 公認・推薦候補者

2014/11/26

茨城県議会議員選挙 (平成26年12月5日告示~14日投票)
自民党 公認・推薦候補者一覧 以下の通りです。

http://www.ibaraki-jimin.jp/topics/kouho.html

 

平成25年第一回定例会で代表質問・質疑

130227gikai

平成25年3月4日(月) 、第1回定例会で代表質問・質疑に細谷 典幸を行いました。

1 県政運営の基本方針について(答弁者:知事)
(1) 平成25年度予算の編成方針
(2) 国の大型補正予算の評価
(3) 今後の財政運営の見通し
2 県の成長戦略について(答弁者:知事)
(1) 力強い産業づくり
ア 戦略的な企業誘致の推進
イ 科学技術の振興
ウ 中小企業の経営強化
(2) 農業の振興
(3) 環境・エネルギー政策
ア 原子力政策
イ 省エネルギーの徹底
ウ 再生可能エネルギーの導入拡大
3 災害に強い県土づくりの推進について(答弁者:知事)
4 いばらきのイメージアップについて(答弁者:知事)
(1) 戦略的な広報活動の推進
(2) フィルムコミッションによるイメージアップ
5 生活大県づくりの推進について(答弁者:知事)
(1) 地域医療の充実
ア 新たな保健医療計画
イ 医療大学及び付属病院の機能強化
(2) 通学路の安全対策
6 復興の象徴となる国体開催に向けた取り組みについて(答弁者:教育長)
(1) 茨城国体が目指す姿
(2) 競技力の向上
7 いじめや体罰の根絶に向けた教育委員会の対応について(答弁者:教育委員会委員長)
8 警察力の維持,強化について(答弁者:警察本部長)

第105代茨城県議会副議長に就任

4444

2012年、 茨城県議会第一◯五代副議 長の要職に就任いたしました。
震災からの復旧・復興の本格年 であります。予算、そして 様々な条例や規則などについて も、県民の皆様の仕事や暮らし に密接に関わることばかりであ り、 一つひとつの議案について慎 重に、しかし遅滞ない議会運営 を心がけ、迅速かつ着実な復 旧・復興事業の推進に取り組み ます。4444

平成24年度県重要政策大綱「誇りと活力のいばらきを目指して-茨城の絆・復興-」を橋本昌知事に提出しました。

img_20111226170813

私は政務調査会長として県民生活や産業活動などが一日も早く東日本大震災前の姿に戻るよう、12月13日、「いばらき自民党」の政務調査会(細谷典幸会長)が取りまとめた平成24年度県重要政策大綱「誇りと活力のいばらきを目指して-茨城の絆・復興-」を橋本昌知事に提出しました。

今回の政策大綱は、3月11日に発生した大震災と、それに伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故により、東北3県や本県などが未曾有の災害に見舞われたことから、会派所属の県議会議員全員による被災地調査や、各種団体との2度にわたる県政懇談会などをベースに取りまとめたのが特徴です。
そのため、大震災からの本格的な復旧・復興とともに、原発事故による放射性物質の除染と風評被害の払拭などを最優先課題に、新規150を含む計2026項目となりました。その構成自体も、前段の最重要政策項目に、大震災からの早期復旧・復興と、大震災の教訓を踏まえた災害に強い県づくりを特出しし、関連政策のすべてを盛り込み、県民に分かりやすい政策大綱となるよう工夫を凝らしました。
知事提出後には、政調会長として県政記者クラブでの会見に臨み、今回の県重要政策大綱の特徴などを説明しました。

H23年一月臨時議会細谷典幸代表質疑

平成二十三年一月臨時議会細谷典幸議員代表質疑

(さらに…)

細谷典幸 代表質問に立ちました。

今任期最初の臨時県議会の第一番目の質問者として、細谷典幸は、会派を代表し、代表質問者として質問いたしました。 (さらに…)

« 前のページ | 次のページ »